転出をする一瞬、親族に頼んで失敗しました

私の次女が高校になるときに、千葉県の高校生に通うために独り暮しを始めることになりました。こういうシーン親族に転居を請け負えるという自身がいて頼んだのですが、過失でした。
転居のときに親族の自身が両者できたのですが、一言でいえばお粗末だ。荷の運びクライアントや、パッキングのツボ、積む貨物も小さく、どうして転居を受け継ぎられるなどと言ったのかクエスチョン想うほどだ。
次女が借り入れることになるの自宅に荷を運びいれるときも、階に段ボールケースをドンッといった雑に置いて、敢然とテレビジョンなども装備せずに、急遽帰っていきました。なので対価は10万円も取られたのです。
結構散々な転居でした。親族など関係なく、しっかりとした転居仕事場に頼めば良かったといった誠に思います。いよいよ転居はしっかりとしたノウハウを分かっている名工でなくてはダメ。普通同様の親族や、普通にヘアが生えた程度の廉価仕事場に頼んで後悔することがないように、転居は結構有名な仕事場に頼むのが良いかもしれません。