引越しが多くなる時期は料金が高くなる事が多い

3月は新しい生活を始める方がとても多いですので、その反動で引越し業者を利用する方も増えてきます。
その為これから引越し業者を利用する予定がある方は、3月の時期に依頼すると通常料金よりも高くなるので注意していただきたいです。

少しでも費用を抑える為には時期にも配慮する必要があります。
どうしても3月の時期は、多くの方が新しい生活をしますので、引越し業者を利用する方がとても多いです。

その影響もあり、通常料金よりも高くなっている事が多いですので、気になる方は積極的に問い合わせるようにしてください。
特に休日などは多くの方の休みも重なって、これまで以上に高くなっている事があります。

引越しをする事によって、新しい生活を実施する事ができるようになるのですが、引越し費用があまりにも高いと生活を圧迫してしまう恐れがあります。
そうなると快適に生活する事が難しくなる事もあるので、気を付けるようにしてください。

引越し業者によって時期で料金に違いが発生するので確認してもらいたいです。

予想以上にお金がかかる引っ越し

予想以上にお金がかかる引っ越し
賃貸に引っ越しをするとき、まずは家賃の希望額を決める。
一般的には高くても収入の3割程度に抑えないと生活が厳しいと言われる。
しかし、気をつけないといけないのは、この家賃という記載である。
不動産でも店舗前に物件情報を掲載している店舗は数多くあるが、その情報をみてみると、家賃の他にも共益費、敷金、礼金など、結構高額な金額が記載されているのだ。
家賃とは別に共益費も毎月支払うお金なので、家賃と共益費を合計した金額が、自分の希望家賃額の範囲に収まっているかの確認が必要である。
そして、敷金・礼金は入居時に支払うお金だが、ここにも注意が必要だ。
敷金とはいわば一度預けて退去する時に戻って来るお金。
退去時に本来であれば不必要な修繕などが発生し、入居者に原因がある場合はこの敷金から修繕費がマイナスされ、残りを返還して貰える。
なので、賃貸に住むのは、住宅を入居時に近い状態で保つ必要がある。
また、礼金も入居時に支払うお金だが、こちらは返還などはなく、いわゆる「入居させてくれてありがとう」のお礼をお金で払うような感じの認識だ。
どちらも家賃の数ヶ月分が一般的なので、引っ越しには家賃の6倍程度のお金が最低でも必要になると言われている。
その他業者に依頼して引っ越しをするなら、引っ越し業者への支払い金額も加算される。
家賃だけを見て物件を決めてしまうのは非常に危険なので、まずは予算を明確にし、敷金・礼金などの費用もきちんと確認することが重要である。

日常生活をしながらの引越しは面倒だ

日常生活をしながらの引越しは面倒だ
以前、引越しをした時、とても苦労したことがありました。
引越しも、子供達の学校を転校させなければならないようなところに引越すのであれば、学校の長期休みの時に、引越し業者さんにお願いして、一気に引越しを済ませてしまうとうこともできますが、我が家の場合は、ほんの、10メートル先への引越しでした。
なので、大きな家具以外は自分たちでせっせと新居に運ばなければなりませんでした。
大きな家具とピアノを移動するのは、最後の日に引越し業者さんにお願いすることになったのですが、その他のものは、自分で段ボール箱に詰めて、移動です。
しかし、毎日の生活もありますので、必要なものを引越し先に運んでしまったら、生活ができなくなります。
そこで、引越しをするに当たり、箱詰め作業の順番を考えなければなりませんでした。
一番最初に箱詰めしたのは、本です。
子供の勉強もの意外の本を全部、移動しました。
そして、次は、アルバムなどの思い出の品や、家に飾ってあったものなど、なくても生活には困らない物をまとめました。
そして、最小限の食器を残して、後は箱詰めにしました。
お鍋類も、フライパンが一つと中位の大きさの鍋を残して、箱詰めしました。
2週間使うであろう日常生活品を残して、全てを箱詰めにして移動し終わった時には、家の中がまるでキャンプのような状態になりました。
こうしてみると、本当に、生活に必要なものというのは、数少ないのだなあ。
と実感しました。

前回の引っ越しについて

前回の引っ越しについて
自分はこれまで、5回引っ越しをしていますが、前回引っ越しした際のことです。
前回の引っ越しは移動距離が200キロほどあり、荷物も多かったため、引っ越しにかかる金額が心配でした。
引っ越し業者を選ぶにあたり、インターネットで引っ越しの一括見積りを利用しました。
一括見積りを利用してすぐに、ある引っ越し業者の方から連絡がありました。
内容は、今この電話で契約をしてくれたら、引っ越し料金を合計で9万円にするということでした。
正直言って引っ越しを何度か経験しているといえ、引っ越し料金の安い、高いが未だに理解しきれておらず、大変迷いました。
これまでの引っ越しは遠くても100キロ以内のところで、荷物量も少なかったため、これくらいの荷物量でこの距離なら9万円でも仕方ないのかなと思い、結局契約しました。
後から考えると、今はインターネット上で引っ越し料金の大まかな目安を出してくれるサイトなどもありますので、そちらを利用して、ある程度いくらぐらいかかるかを想定しておいてから、見積りを利用すればよかったと思いますが、まさか1社目の電話でその場での契約を求められるとは思っておりませんでしたので、少しやられたなという気になりました。
さすがに引っ越し業者もプロですので今度引っ越しするときは事前にしっかり準備して少しでも安く引っ越せるようにできたらと思いました。

引越前にしておきたいこと

引越前にしておきたいこと
もし、引越しをすることが決まったらすぐに準備をしていきましょう。
まだ時間があるから大丈夫とのんびりしていると、あっという間に引越し当日を迎えてしまうなんてことになりかねません。
まず、引越し業者の選定は、次の住居の入居日が決まった時点ですぐに動き始めましょう。
特に、3月などの年度末は、就職や転勤シーズンで引越し業者も手一杯です。
1か月前から予約するということも頭に入れておいた方がよいでしょう。
単身の場合で、自分で引越し作業を行うという人は、レンタカーの予約を忘れないようにしましょう。
この時期はワゴンなど大き目のレンタカーも土日は予約でいっぱいになります。
さて、引越し業者が決まったら、業者から段ボールを持ってきてもらいます。
会社へ来ていく服や水回りのもの、冷蔵庫の中身などは前日の片づけでも間に合いますが、普段使用していないようなものは、どんどん箱詰めしていきましょう。
一人暮らしの場合でも、段ボールは相当な量になりますので、前日だけで片付けられると思わない方がよいでしょう。
他にも、ガス、電気、水道、インターネットなどの手続きもしておきます。
特にインターネットの場合は開通するのに1か月かかるという場合もありますから、新居が決まったら早めに連絡しておくことをおすすめします。
他にも、平日の時間のある時に役所関連の手続きも済ませておきます。
前日には冷蔵庫の電源を抜いておいてくださいね。